グラフィックデザイナー

職業ランキング.com-話題の職業や人気・高収入の職業までを徹底ランキング-
職業ランキング.com広告・デザイン関連の職業>グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーとは、印刷物のデザインを考えるのが仕事。雑誌、書籍、ポスター、カタログなどに入れるイラストや写真、書体、配色などを考える。

クライアント(広告主)の要望を満たし、印刷物を見るユーザーに対して強いインパクトを与えるレイアウト(配置)を行うほか、ロゴマークやイメージキャラクターなどを製作するのもグラフィックデザイナーの仕事の一つである。
グラフィックデザイナーの中でも本の表紙を専門にデザインする人を「装丁家」、書籍などの本文、グラビアページ、目次や記事広告を専門にデザインする人を「エディトアルデザイナー」と呼ぶ。

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるには、デザイン・美術系の大学や短大、専門学校で専門的な勉強をしておくと有利である。このほか、イラストやタイポグラフィー(文字デザイン)などの勉強もしておくと就職に有利となる。

また、近年ではグラフィックデザインも仕事のほとんどをパソコンを利用して行うことがほとんどであるので、その技術を理解しておく必要がある。

グラフィックデザイナーの就職先としては、広告代理店、一般企業の広告宣伝部のほか新聞社、出版社、デザイン事務所などが挙げられる。また、これらでの経験を経て、独立する人も多い。

このほか、広告制作における製作を指揮するアートディレクターになる人もいる。

 

グラフィックデザイナーに向いているタイプ

・イラストや写真が好き
・ポスターなどの製作が得意
・視覚的なことにこだわりがある

 

グラフィックデザイナーの募集・転職情報

該当情報は登録されていません。

 

グラフィックデザイナーに関する書籍

グラフィックデザイナーに関連するベストセラーや売れ筋の本などを紹介していきます。グラフィックデザイナーに関する本を読むことで、グラフィックデザイナーになるための道筋やポイントなどがつかめるかもしれません。

 

グラフィックデザイナーに関する学校・専門学校

該当情報は登録されていません。

 

広告・デザイン関連の職業

テレビや映画を作る職業・仕事の一覧

CMプランナー
グラフィックデザイナー
コピーライター
アートディレクター
ウインドーディスプレイデザイナー
パッケージデザイナー
インダストリアルデザイナー

 

職業基礎知識

職業基礎知識では、職業やお仕事に関する基礎的な項目を解説します。

職業TIPS
仕事とは
職業Q&A
・職業年収ランキング
・適職診断
  |-興味・関心診断
  |-能力診断

職業に関する機関・企業
ハローワーク
人材バンク
職業訓練校
ポリテクセンター
・派遣会社(民間)
・有料職業紹介(民間)
キッザニア東京(民間)

仕事の形態
正社員
契約社員
派遣社員
  |-一般派遣
  |-特定派遣
  |-紹介予定派遣
  |-新卒派遣

 

 

職業ランキング 運営者情報 リンク集

テレビ・映画・舞台・芸能の職業 / 音楽に携わる職業 / ファッション関連の職業 / 建物・インテリア関連の職業 / 食事に関連する職業 / 教育に関する職業 / 動物・自然に関する職業 / 交通・旅行に関する職業 /広告・デザインに関連する職業 / 作家・芸術家 / コンピューター・ITに関する仕事 / 公務・福祉に関する職業 / 医療に関する職業 / 政治・法律・金融に関する職業 / スポーツ選手

copyrights ©2006-2017 職業ランキング.com(職業マニア) All rights reserved.
職業ランキングで掲載している職業名については、できるだけ正確な表記を心がけておりますが、正規の職業名と一般に認知されている職業名において相違があった場合、ケースによっては一般に多く利用されている職業名で掲載している場合があります。